慰謝料に関するQ&A

Q.妻は絶対に慰謝料をもらえるの?


A.慰謝料を請求できる法的根拠は、「相手方の不法行為に基づく損害賠償請求権の行使」となります。要するに、婚姻生活を破綻させた側が、もう一方の損害を金銭で支払うという考えです。

 世間の割合が男性から女性への支払いが多いという事実はありますが、あくまでも原因をつくった側に支払い義務があるので、かならずしも妻が慰謝料をもらえるとは限らないのです。

Q.慰謝料請求で注意することって?


A.慰謝料の請求方法に特に法的なきまりはありません。口頭でも、手紙、メール、文書による請求、どんな形でも有効です。しかし、協議の結果、金額・支払い期間などの合意に至ったとしても、まだ注意が必要です。必ず、文書にして後日の無用なトラブルを防いでください。口約束で済ませておくと、相手が支払いを滞らせてきても、対抗手段がほとんどありません。

 将来の安心を得るためにも強制執行力のある「公正証書」で証拠を残しておきましょう

Q.パートナーの不倫相手に慰謝料請求したい


A.不倫相手に慰謝料を請求する場合は、文書によるものが一般的でしょう。もちろん、口頭でも構いませんが、なるべくなら避けたほうがよいでしょう。実際に顔を合わせての話し合いになると、言葉の選択を間違えた場合、かえって相手に付け入るすきを与えてしまいます。たとえば、「慰謝料を支払わなければ、不倫関係をバラします。」などと言ってしまうと、逆に脅迫だと指摘され、最悪の場合、告訴をされるというような、厄介なことになる可能性もあります。質問のようなケースでしたらば、内容証明郵便で請求するのが最善でしょう。

 当事務所では内容証明郵便の作成に関するご相談も受け付けております。お気軽にご相談ください。

Q.慰謝料請求にも時効があるって聞きました


A.慰謝料請求権にも時効はあります。「離婚が成立した日から3年間」の間に請求をしておかないと、原則として慰謝料請求権は消滅してしまいます。当初、離婚のみを急ぐ事情があり、あとになって思い直して慰謝料請求するという場合、離婚から3年以内であれば認められるということになりますが、相手側に請求権の放棄をする旨の念書などを差し入れていたようなことがあると、非常に難しくなります。

 また、時効が迫ってきている場合に、その時効の完成を先延ばしにする方法もありますので、ぜひご相談ください。

Q.不倫相手に慰謝料請求するための証拠は必要?


A.不倫被害による慰謝料請求をする場合、自分で証拠を確保するか、相手側から認めさせるか、いずれかの根拠が必要です。なくても請求自体はできますが、相手が潔白を主張すれば実際の支払いには至りませんので、あくまでも請求する側に不貞行為などの立証をする必要があります。

 しかも、一回限りの肉体関係では継続的な不貞の証拠とはなりにくいので、二回以上の関係をもったと推測できる写真、ホテルの領収書、メールのやり取りの内容などを押さえておくと客観的な資料となるでしょう。

Q.内縁関係でも慰謝料はもらえるの?


A.一般的に内縁関係も婚姻生活に準ずるものとして認められてる以上、慰謝料請求権も通常の離婚の場合と同様に保護されています。ただし、婚姻の意思をもって、事実上の夫婦と変わることなく生活しているような場合に類推されるのであって、単に同棲している・愛人関係にあるようなケースでは、認定も変わってくるでしょう。

Q.性格の不一致で離婚した場合、慰謝料はどうなるの?


A.慰謝料の考え方として、何らかの権利侵害に対する損害がなければなりません。つまり、不倫被害による精神的損害・DVによる身体的被害などに対して、金銭に換算して請求するということです。性格の不一致で離婚をするといった場合、一方的な精神的被害を受けているとは言い難いケースがほとんどですので、基本的には慰謝料の概念は発生しません。裁判になったとしても、認定されるのは困難でしょう。

 ただし、協議の上で支払いの有無を決めるのは自由ですので、交渉次第で、財産分与にそれ相当の分を考慮してもらうとかの余地は残っています。

 当事務所では離婚協議書の作成に関するご相談も受け付けております。お気軽にご相談ください。

■即・解決!をお客様にお届けします







行政書士 みらい法務事務所

代表 行政書士 平澤 壮央
TEL  029-212-7881
Fax  029-212-7882
〒310-0836
茨城県水戸市元吉田町2570-1
営業時間:9時〜19時まで
日曜・祝祭日は休み
(休日等はお電話ください)
メール相談は24時間受付中


協議成立後の不安を専門家がバックアップ!!



  >>お問い合わせはこちらから   
                   

■ご相談は初回無料・全国対応です

阿見町 石岡市 潮来市  稲敷市 茨城町 牛久市  大洗町 小美玉市  笠間市  鹿嶋市  かすみがうら市  神栖市 河内町 北茨城市 古河市 五霞町  境町 桜川市 下妻市 城里町  常総市 高萩市 大子町 筑西市 つくば市 つくばみらい市 土浦市 利根町 取手市 東海村  那珂市 行方市  坂東市 常陸太田市 常陸大宮市 日立市  ひたちなか市 鉾田市  水戸市 美浦村 守谷市 八千代町 結城市 龍ヶ崎市など茨城県全域はもちろん、市川市 千葉市 船橋市 我孫子市 柏市 など千葉県、横浜市 川崎市など神奈川県、さいたま市など埼玉県、東京都内各所および北海道 青森 秋田 宮城 岩手 山形 福島 茨城 群馬 栃木 埼玉 東京 神奈川 新潟 富山 長野 岐阜 石川 山梨 福井 滋賀 静岡 愛知 三重 奈良 大阪 和歌山 京都 兵庫 鳥取 岡山 島根 広島 山口 香川 徳島 高知 愛媛 福岡 大分 佐賀 長崎 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄 全国各地 どこでも対応致します。

>>上へ戻る




「離婚」の基礎知識

「離婚」時の決めごと

みらい法務事務所