離婚に関するQ&A

Q.親権者の役割って?


A.親権者の役割は、何をおいても子どもの未来をより良くするために、全力を尽くすことでしょう。子供の成長に対しての責任を持ち、育て、守り、あらゆる苦難を子供のために追い払ってやること、および財産管理をする責任・義務があります。

 婚姻中とちがい、離婚後は必ず夫婦のどちらか一方が親権者となりますが、特にお子さんが小さいうちは離婚による環境の変化に伴う、心のケアもしっかりとしてあげる必要もあるでしょう。

Q.親権者の変更ってできるの?


A.いったん親権者を決めた後は、簡単には変更できません。親の都合のみによる変更は当然許されず、ここでも子供の福祉が最優先 されるのです。親権者による監護が、きわめて困難であると認められるような状況になってしまった場合や、長期間にわたる入院・転勤などの事情により同居が不可能となってしまったような時に初めて、親権者の変更が許される可能性がでてきます。

 変更の手続きとしては、協議によることはもはやできずに、家庭裁判所の審判を受けることが前提 となります。仮に、親権者が何らかの理由でいなくなったとしても、やはり、裁判所を通じて変更の申し立てをする必要があります。

Q.財産分与と慰謝料のちがいは?


A.財産分与と慰謝料は、同じような種類の金銭支払いに関する約束事のようでいて、実はその性質は全く違います。財産分与は、婚姻生活を続けてきた結果発生した二人の共有財産を、協議などにより分け合うことであり、一方、慰謝料は離婚原因をつくった側が、もう一方のいわば被害者に対して支払う損害賠償金なのです。

 実務上では、金銭のやり取りに関してきっちりと区別せずに、ある程度一体化されて支払の約束をすることも多いのですが、「別々」なのか、「込みの金額」なのかをきちんと確認しておかないと、後々、トラブルの元となります。

 こういった場合も想定して、きちんと書類に残す工夫 をしましょう。

>>公正証書のすすめ

Q.共働き夫婦の場合の財産分与は?


A.婚姻生活中、いわゆる共働きであって、生活費などは完全に別個に拠出し合っていたような場合は、残ったそれぞれの財産については、各自の固有財産となり、財産分与の対象にはならないと考えられます。

 ただし、これが全てあてはまるというようなことではなく、家や車のローンなどを一方が支払っていたようなケースでは、夫婦共同の支出とみなされる面もあり、お互いの割合などを調査したうえで、決定されることになります。

Q.DV夫からサイン済の離婚届を預かりました。勝手に出してもいいの?


A.離婚届にサインをさせておくこと自体は問題ないでしょう。ただ、提出後、「事前にサインはしたが、離婚の意思はなかった」などと後から申し立てられた場合、離婚が無効になる可能性もあります。離婚届を提出する際には、「離婚の意思」も必要だからです。

 サイン済みの離婚届を預かるのは、心理的プレッシャーという面では有効ですが、法的な争点もあります。万一の時には、客観的証拠が必要になりますので、きちんと確保してください。準備することといえば、経済的な見通しでしょうか。

 何を置いても、まずは「お金・生活」の面で苦労しないように準備 しましょう。

Q.嫉妬深いパートナーに慰謝料請求したい


A.離婚の際の慰謝料の考え方としては、”相手方から「不法な行為によって」「精神的・肉体的」に
損害を受けた分を、金銭に換算して支払ってもらう。”という建前があります。客観的にみた場合、貴女のケースがそれに当てはまるかは、正直微妙なのです。慰謝料を取ろうと思えば、いかに相手の言葉の暴力なり、言い方が自分を傷つけるものであるか、そしてそれが離婚の原因となったということを立証しなければなりません。

 いざとなれば、調停・裁判まで考慮しても良いというのなら、受けた言葉の暴力をこと細かく日記に記しておくとか、仮にDVを受けたなら、医師の診断書をもらっておくとかするといいでしょう

 決め手となるのは、客観的証拠」です。無理せず 根気よく証拠収集を重ねていくことが近道でしょう。

■即・解決!をお客様にお届けします







行政書士 みらい法務事務所

代表 行政書士 平澤 壮央
TEL  029-212-7881
Fax  029-212-7882
〒310-0836
茨城県水戸市元吉田町2570-1
営業時間:9時〜19時まで
日曜・祝祭日は休み
(休日等はお電話ください)
メール相談は24時間受付中


協議成立後の不安を専門家がバックアップ!!



  >>お問い合わせはこちらから   
                   

■ご相談は初回無料・全国対応です

阿見町 石岡市 潮来市  稲敷市 茨城町 牛久市  大洗町 小美玉市  笠間市  鹿嶋市  かすみがうら市  神栖市 河内町 北茨城市 古河市 五霞町  境町 桜川市 下妻市 城里町  常総市 高萩市 大子町 筑西市 つくば市 つくばみらい市 土浦市 利根町 取手市 東海村  那珂市 行方市  坂東市 常陸太田市 常陸大宮市 日立市  ひたちなか市 鉾田市  水戸市 美浦村 守谷市 八千代町 結城市 龍ヶ崎市など茨城県全域はもちろん、市川市 千葉市 船橋市 我孫子市 柏市 など千葉県、横浜市 川崎市など神奈川県、さいたま市など埼玉県、東京都内各所および北海道 青森 秋田 宮城 岩手 山形 福島 茨城 群馬 栃木 埼玉 東京 神奈川 新潟 富山 長野 岐阜 石川 山梨 福井 滋賀 静岡 愛知 三重 奈良 大阪 和歌山 京都 兵庫 鳥取 岡山 島根 広島 山口 香川 徳島 高知 愛媛 福岡 大分 佐賀 長崎 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄 全国各地 どこでも対応致します。

>>上へ戻る




「離婚」の基礎知識

「離婚」時の決めごと

みらい法務事務所